新人研修に参加しました

9月9日(土)、京橋消防団の新入団員に対して「新入団員教養」と題した研修が行われ、
第一分団からも女性3名、男性2名(筆者を含む)の総勢5名の新人が参加しました。

研修は朝9時から、座学と実技で合計3.5時間です。

座学では、特別職の地方公務員(非常勤)としての服務上の注意事項、処遇・補償の概要、
災害活動にあたっての注意事項等について説明を受けました。

実技では、礼式の基本動作の訓練の後、実際に一人ずつ放水を行うとともに、
可搬ポンプの操作や水利周りの動きについて学びました。

参加した団員は「放水は思った以上に大変だった」「勉強になった」「暑かった!」などの
感想を述べつつ、初めての放水訓練に戸惑いながらもしっかりとこなしていました。

今後は、本日の研修をベースに徐々に経験を重ね、まちの防災に僅かでも役立てるよう
頑張りたいと思います。

消防署・消防団の皆さま、そして八丁堀の皆さま、引き続きどうぞよろしくお願いします!

前の記事

新入団員研修